Top > にんにくの効能

にんにくの効能

にんにく料理はスタミナがつくとか、にんにくを食べると風邪の予防になるとか言われ、その効果が注目されています。

「にんにく」には、特に注目すべき栄養成分としてスコルジニンとアリシンというものが含まれています。アリシンはもともとアミノ酸の一種のアリインという物質です。実はこのアリインが「にんにく」特有の匂いのもとなんです!本来は無臭なのですが、刻むことでアリナーゼと呼ばれる酵素の作用でアリシンという成分に変化します。

アリシンは、胃腸の働きを良くして食欲不振を解消する効果があります。また、風邪の予防やアンチエイジングにも効果的です。あの匂いなくして、ニンニクの効能は発揮されないと言ってもいいのではないでしょうか。やはり匂いの強い国産は体にも良いのですね。

一方、スコルジニンは、体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きによりダイエットには効果的です。また、疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用もあると言われています。このことから更年期の症状の一つである倦怠感を取り除くのに効果的と考えられます。さらには冷え性や不眠症にも効果が期待できます。

 

 夏休みを温泉で楽しむ  株主優待  顔やせ方法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
市場は中国産から国産へ(2009年10月20日)
にんにくの効能(2009年10月20日)
にんにくの栽培方法(2009年10月20日)
にんにくレシピ(2009年10月20日)